スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
  2016年1月
  
金融大学のマンスリー市場レポートです。2016年1月の主な出来事や景気判断を掲載しています。日経平均株価、TOPIX、NYダウ、円相場(東京、NY)の推移グラフと数値表へのリンクもあります。
 
金融大学市場レポート > 2016年1月のレポート
 
    
  
主な出来事
1/1 共通番号(マイナンバー)制度が運用開始
1/1 2015年の日本人の出生数が5年ぶりに増加、前年比4000人増の100万8000人に(人口動態統計年間推計、厚生労働省まとめ)
1/3 サウジアラビアのジュベイル外相が、イランとの国交を断絶すると発表
1/4 中国経済の先行き懸念から、日経平均株価(225種)の下げ幅が一時600円超(終値は582円73銭安の1万8450円98銭)
1/4 中国株式市場で、導入されたばかりのサーキットブレーカー制度が発動、大引けまで取引停止(CSI300指数が7%下落したため)
1/4 世界経済の先行き懸念から円買いが進み、東京外国為替市場の円相場(対ドル)が約2か月ぶりの円高水準(17時時点で、1円44銭円高・ドル安の1ドル=118円97−99銭)
1/4 インド北東部マニプール州でマグニチュード(M)6・7の地震発生
1/4 12月のマネタリーベース(資金供給量)の平均残高が過去最高を更新(前年比29.5%増の346兆3793億円)、月末残高も過去最高を更新(356兆1336億円)
1/6 北朝鮮が「初の水素爆弾(水爆)実験を成功させた」と発表
1/6 世界銀行が経済見通しを公表、2016年の世界経済成長率見通しは2.9%(2015年6月時点の予想は3.3%)、米国は2.7%(同2.8%)、ユーロ圏は1.7%(同1.8%)、日本は1.3%(同1.7%)、中国は6.7%(同7.0%)、ロシアは-0.7%(同0.7%)、ブラジルは-2.5%(同1.1%)、南アフリカは1.4%(同2.1%)
1/7 中国株式市場でサーキットブレーカー制度が発動、大引けまで取引停止(取引開始30分でCSI300指数が7%下落、上海総合株価指数も7%下落)
1/7 中国経済の減速、北朝鮮の核実験、円高などから、日経平均株価(225種)の終値が約3か月ぶりの安値水準(終値は423円98銭安の1万7767円34銭)
1/7 世界経済の先行き懸念から円買いが進み、東京外国為替市場の円相場(対ドル)が約11か月ぶりの円高水準(17時時点で、72円高・ドル安の1ドル=118円01−03銭)
1/7 世界経済の先行き懸念から、ニューヨーク原油市場で、指標となるテキサス産軽質油(WTI)の先物価格が約12年ぶりの安値(一時、1バレル=32.10ドルまで値下がり、終値は1バレル=33.27ドル)
1/7 中国の上海・深センの両証券取引所が、サーキットブレーカー制度を8日から停止すると発表
1/8 日経平均株価(225種)の終値が、初めて年初から5営業日続落(終値は69円38銭安の1万7697円96銭)
1/11 青森県三八上北地方で震度5弱の地震発生、マグニチュード(M)は4・5
1/11 上海株式市場で、上海総合指数の終値が約4か月ぶりの安値(前週末比5.33%低の3016.70ポイント)
1/12 英国・北アイルランドの新首相にアーリーン・フォスター氏が就任(初の女性首相)
1/12 日経平均株価(225種)の終値が一時500円超安、6営業日続落して約3か月ぶりの安値(終値は479円00銭安の1万7218円96銭)
1/14 日経平均株価(225種)の終値が一時1万7000円を割り込む(終値は474円68銭安の1万7240円95銭)
1/14 日本の長期金利が過去最低を更新(前日比0.015%低い0.190%)
1/14 世界保健機関(WHO)が西アフリカのエボラ出血熱感染の終息を宣言(約2年間で1万1300人死亡)
1/15 日経平均株価(225種)の終値が約3か月半ぶりの安値(終値は93円84銭安の1万7147円11銭)
1/16 台湾総統選で、民主進歩党(民進党)の蔡英文主席が勝利、8年ぶりに政権奪還(台湾史上初の女性総統)
1/16 米欧がイラン制裁解除を宣言(イランのザリフ外相と欧州連合のモゲリーニ外交安全保障上級代表がウィーンで共同声明を発表)
1/16 米英仏独露中の6か国が、対イラン制裁解除を発表(イランの原油輸出は解禁へ)
1/16 中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)の開業式典が北京で開かれた(創設メンバー57か国、資本金1000億ドル)
1/18 日経平均株価(225種)の終値が1万7000円を割り込む(終値は191円54銭安の1万6955円57銭)
1/19 12月の訪日外国人旅行者数は前年同月比43.4%増の177万3100人
1/19 2015年の訪日外国人観光客数が過去最高を更新(前年比47.1%増の1973万7400人)、消費額も過去最高を更新(前年比71%増の3兆4771億円)
1/19 中国国家統計局が2015年の実質GDP速報値を発表、前年比6.9%増で25年ぶりの低成長
1/19 国際通貨基金(IMF)が世界経済見通しを発表(2016年の世界成長率予想は3.4%(10月予想は3.6%)、2017年の世界成長率予想は3.6%(10月予想は3.8%)
1/19 国際労働機関(IOL)が、2016年版「世界の雇用および社会の見通し」を発表、2017年の世界の失業率は5.7%で、失業者数は2億人を突破すると予想
1/20 原油安や円高の懸念から、日経平均株価(225種)の終値が今年最大の下げ幅、約1年3か月ぶりの安値(終値は632円18銭安の1万6416円19銭)
1/20 ロシア通貨ルーブルが過去最安値、一時1ドル=81ルーブル台に下落(原油価格の急落や、ウクライナ危機に伴う欧米の経済制裁の影響)
1/21 ロシア通貨ルーブルが過去最安値を更新、一時1ドル=85ルーブル台に下落
1/21 日経平均株価(225種)の終値が続落(終値は398円93銭安の1万6017円26銭)
1/22 日経平均株価(225種)の終値が、欧州中央銀行(ECB)が追加緩和を示唆したことなどから3日ぶりの上昇(終値は941円27銭高の1万6958円53銭)
1/22 格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が、ギリシャの格付けを「CCC+」から「B-」に引き上げ(見通しは「安定的」)
1/23 米東部で過去最大規模の大雪、11の州(首都ワシントン、ニューヨークなど)が非常事態を宣言
1/24 日本付近で強烈な寒波(台湾は寒波の影響で23〜25日に65人死亡)
1/26 日経平均株価(225種)の終値が、原油安や中国株などの下落から、一時420円超安(終値は402円01銭安の1万6708円90銭)
1/27 日経平均株価(225種)の終値が、原油価格の上昇から、一時530円超(終値は455円02銭高の1万7163円92銭)
1/27 米連邦準備制度理事会(FRB)がフェデラルファンド(FF)金利を0.25〜0.5%に据え置き
1/28 甘利経済再生相が違法献金疑惑で辞任を表明(後任は石原伸晃元幹事長)
1/29 日本銀行が金融政策決定会合で、追加の金融緩和策として、「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」を導入
1/29 日経平均株価(225種)の終値が、日銀がマイナス金利の導入を決めたことで急伸(終値は476円85銭高の1万7518円30銭)
1/29 長期金利(新発10年物国債の利回り)が0.1%を初めて下回り、一時0.090%に低下
1/30 日本で働く外国人労働者が3年連続で過去最多(2015年10月時点で、前年同期比15.3%増の90万7896人。厚生労働省調べ)
  
景気判断
政府の景気判断
(月例経済報告)
1/20
景気は、このところ一部に弱さもみられるが、緩やかな回復基調が続いている。(据え置き)
日銀の景気判断
(経済・物価情勢の展望)
1/29
わが国の景気は、輸出・生産面に新興国経済の減速の影響がみられるものの、緩やかな回復を続けている。
  
金融市場調節方針
1/29 マネタリーベースが、年間約80兆円に相当するペースで増加するよう金融市場調節を行う。
基準貸付利率(旧公定歩合)を0.3%に据え置き
補完当座預金制度の適用利率を0.1%に据え置き
1/29 追加の金融緩和策として、「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」を導入
  
  
表中の数値は月末時点のものです。
クリックすると、推移グラフと数値表が見られます(新しいウィンドウが開きます)。
 
日経平均株価(225種)
12月末 1万9033円71銭    
1月末 1万7518円30銭 1515円41銭安 7.96%下落
  
東証株価指数(TOPIX)
12月末 1547.30    
1月末 1432.07 115.23ポイント低 7.45%下落
  
NYダウ
12月末 17,425.03ドル    
1月末 16,466.30ドル 958.73ドル安 5.50%下落
  
円相場(1ドル=円) 東京市場
12月末 120円41−42銭  
1月末 120円62−64銭 0円21銭円安・ドル高
  
円相場(1ドル=円) NY市場
12月末 120円25−35銭  
1月末 121円07−17銭 0円82銭円安・ドル高
  
円相場(1ユーロ=円) 東京市場
12月末 131円66−70銭  
1月末 131円44−48銭 0円22銭円高・ユーロ安
      
    
  
スポンサーリンク
       
市場レポートに戻る
      
スポンサーリンク