スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
  2013年9月
  
金融大学のマンスリー市場レポートです。2013年9月の主な出来事や景気判断を掲載しています。日経平均株価、TOPIX、NYダウ、円相場(東京、NY)の推移グラフと数値表へのリンクもあります。
 
金融大学市場レポート > 2013年9月のレポート
 
    
  
主な出来事
9/3 8月の資金供給量(マネタリーベース…日銀券、貨幣流通高、日銀当座預金の合計)が6ヶ月連続で過去最大を更新(8月末残高が176兆9927億円)
9/5 20カ国・地域(G20)首脳会議が開幕(新興国経済の減速懸念、シリア情勢等を討議)
9/5 日銀が景気判断を「緩やかに回復している」とし、リーマンショック後で初めて「回復している」という表現を使用
9/6 日印通貨スワップの交換限度額を150億ドルから500億ドルに拡充することを決定
9/8 2020年夏季五輪・パラリンピックの開催都市が東京に決定
9/12 日銀は貸出増加支援の第2弾として、17日に大手銀行と地域金融機関(計26行)に8812億円を供給すると発表
9/12 安倍晋三首相が予定通り消費税率を引き上げる方針を固めた(2014年4月、5%から8%に引き上げ)
9/14 国産の新型ロケット「イプシロン」が打ち上げ(国産新型の打ち上げは2001年の「H2A」以来、12年ぶり)
9/18 米連邦公開市場委員会(FOMC)が現行の量的金融緩和政策(事実上のゼロ金利政策)の維持を決定
  
景気判断
政府の景気判断
(月例経済報告)
9/13
景気は、緩やかに回復しつつある。
上方修正
日銀の景気判断
(金融経済月報)
9/6
わが国の景気は、緩やかに回復している。
上方修正
  
金融市場調節方針
9/5 マネタリーベースが、年間約60〜70兆円に相当するペースで増加するよう金融市場調節を行う。
基準貸付利率(旧公定歩合)を0.3%に据え置き
補完当座預金制度の適用利率を0.1%に据え置き
  
  
表中の数値は月末時点のものです。
クリックすると、推移グラフと数値表が見られます(新しいウィンドウが開きます)。
 
日経平均株価(225種)
8月末 1万3388円86銭    
9月末 1万4455円80銭 1066円94銭高 7.97%上昇
  
東証株価指数(TOPIX)
8月末 1106.05    
9月末 1194.10 88.05ポイント高 7.96%上昇
  
NYダウ
8月末 14,810.31ドル    
9月末 15,129.67ドル 319.36ドル高 2.16%上昇
  
円相場(1ドル=円) 東京市場
8月末 98円05−07銭  
9月末 97円88−89銭 0円17銭円高・ドル安
  
円相場(1ドル=円) NY市場
8月末 98円05−15銭  
9月末 98円18−28銭 0円13銭円安・ドル高
  
円相場(1ユーロ=円) 東京市場
8月末 129円78−82銭  
9月末 132円13−17銭 2円35銭円安・ユーロ高
      
    
  
スポンサーリンク
       
市場レポートに戻る
 
スポンサーリンク