スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
  2013年7月
  
金融大学のマンスリー市場レポートです。2013年7月の主な出来事や景気判断を掲載しています。日経平均株価、TOPIX、NYダウ、円相場(東京、NY)の推移グラフと数値表へのリンクもあります。
 
金融大学市場レポート > 2013年7月のレポート
 
    
  
主な出来事
7/1 みずほフィナンシャルグループ傘下のみずほ銀行とみずほコーポレート銀行が合併
7/1 クロアチア(旧ユーゴスラビア)が欧州連合(EU)に加盟(28カ国目の加盟国)
7/2 6月の資金供給量(マネタリーベース…日銀券、貨幣流通高、日銀当座預金の合計)が4ヶ月連続で過去最大を更新(6月末残高が173兆1250億円)
7/3 格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が、キプロスの外貨建てソブリン格付けを「選択的デフォルト(SD)」から「CCCプラス」に引き上げ(見通しは「安定的」)
7/4 エジプト軍が事実上のクーデターにより、モルシ大統領を解任(憲法裁判所長官のアドリ・マンスール氏を暫定政府の大統領に任命)
7/7 イングランド銀行(英中央銀行)の新総裁に、6月までカナダ銀行総裁を務めたマーク・カーニー氏が就任(外国人の就任は初)
7/9 6月のマネーストック統計(M3)が2003年4月のマネーストック統計開始以来最大の伸び(前年同月比3.0%増、1158兆2000億円)
7/10 格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が、イタリア国債の長期格付けを「BBB+」から「BBB」に引き下げ(見通しは「ネガティブ」)
7/11 日本銀行が7月の景気判断で、2年半ぶりに「回復」という表現を使用(「わが国の景気は、緩やかに回復しつつある。」)
7/11 ニューヨーク株式市場でダウ工業株平均の終値が過去最高値を更新(終値は1万5460.92ドル)
7/16 東京証券取引所と大阪証券取引所が現物株の市場を東証に統合(東証の上場企業は約3400社(上場企業数世界第3位))
7/18 米ミシガン州デトロイト市が米連邦破産法9章に基づく更生手続きの適用を申請(負債総額は約180億ドル(1兆8000億円))
7/18 格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスが米国のソブリン格付けの見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げ(格付けは「AAA」)
7/19 主要20か国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議がモスクワで開幕
7/21 参議院選挙(参院選2013)で、自民党が圧勝
7/23 日本が環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉会合に正式参加(12番目の交渉参加国)
  
景気判断
政府の景気判断
(月例経済報告)
7/23
景気は、着実に持ち直しており、自律的回復に向けた動きもみられる。
上方修正
日銀の景気判断
(金融経済月報)
7/12
わが国の景気は、緩やかに回復しつつある。
上方修正
  
金融市場調節方針
7/11 マネタリーベースが、年間約60〜70兆円に相当するペースで増加するよう金融市場調節を行う。
基準貸付利率(旧公定歩合)を0.3%に据え置き
補完当座預金制度の適用利率を0.1%に据え置き
  
  
表中の数値は月末時点のものです。
クリックすると、推移グラフと数値表が見られます(新しいウィンドウが開きます)。
 
日経平均株価(225種)
6月末 1万3677円32銭    
7月末 1万3668円32銭 9円00銭安 0.07%下落
  
東証株価指数(TOPIX)
6月末 1133.84    
7月末 1131.70 2.14ポイント低 0.19%下落
  
NYダウ
6月末 14,909.60ドル    
7月末 15,499.54ドル 589.94ドル高 3.96%上昇
  
円相場(1ドル=円) 東京市場
6月末 98円82−83銭  
7月末 97円84−86銭 0円98銭円高・ドル安
  
円相場(1ドル=円) NY市場
6月末 99円10−20銭  
7月末 97円83−93銭 1円27銭円高・ドル安
  
円相場(1ユーロ=円) 東京市場
6月末 128円92−96銭  
7月末 129円93−97銭 1円01銭円安・ユーロ高
      
    
  
スポンサーリンク
       
市場レポートに戻る
 
スポンサーリンク