スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
  2013年4月
  
金融大学のマンスリー市場レポートです。2013年4月の主な出来事や景気判断を掲載しています。日経平均株価、TOPIX、NYダウ、円相場(東京、NY)の推移グラフと数値表へのリンクもあります。
 
金融大学市場レポート > 2013年4月のレポート
 
    
  
主な出来事
4/1 政府が長嶋茂雄氏と松井秀喜氏に国民栄誉賞を授与する方針を表明
4/2 ニューヨーク市場でダウ工業株平均の終値が過去最高値を更新(終値は1万4662.01ドル)
4/4 日銀が「量的・質的金融緩和」を導入(金融市場調節の操作目標をこれまでの無担保コールレート(オーバーナイト物)からマネタリーベースに変更することを決定。マネタリーベース、長期国債、ETFの保有額を2年間で2倍に拡大し、2%のインフレ目標を達成して、デフレ脱却を目指す)
4/4 長期金利(新発10年物国債の流通利回り)が一時0.425%に低下し、過去最低を更新(約9年10か月ぶり)
4/5 東京証券取引所が、国債先物相場の急落で「サーキットブレーカー」を発動(取引を一時的に停止する制度で、発動は2008年10月14日以来)
4/5 日経平均株価(225種)の終値が約4年7か月ぶりの高値(終値は1万2833円64銭)
4/5 東京株式市場で、東証1部の売買高が過去最高を更新(約64億4900万株となり、東日本大震災直後の2011年3月15日の売買高(約57億7700万株)を超えた)
4/8 日経平均株価(225種)の終値が、約4年7か月ぶりに1万3000円台を回復(終値は1万3192円59銭)
4/8 東証株価指数(TOPIX)が一時、約4年半ぶりに1100を上回った(終値は1101.74)
4/8 「鉄の女」の異名を持つマーガレット・サッチャー英元首相が死去
4/9 日経平均株価(225種)が一時、約4年8か月ぶりに1万3300円台を回復(終値は1万3192円35銭)
4/9 長期プライムレート(企業向け最優遇貸出金利)を1年7か月ぶりに引き上げ(年1.15%→年1.20%)
4/9 格付け会社フィッチ・レーティングスが中国の長期自国通貨建て格付けを「AAマイナス」から「Aプラス」に引き下げ
4/10 日経平均株価(225種)の終値が、約4年8か月ぶりに1万3200円台を上回った(終値は1万3288円13銭)
4/10 格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が、キプロスのソブリン格付け見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げ(格付けは「CCC」)
4/11 日経平均株価(225種)の終値が、約4年9か月ぶりに1万3500円台を上回った(終値は1万3549円16銭)
4/12 ニューヨーク市場でダウ工業株平均の終値が過去最高値を更新(終値は1万4865.14ドル)
4/13 兵庫・淡路で震度6弱の地震発生。マグニチュード(M)は6・0
4/15 ボストン・マラソンの爆発事件を受け、ニューヨーク市場でダウ工業株平均の終値が今年最大の下落幅(前週末比265.86ドル安の1万4599.20ドル)
4/16 格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスが中国の国債格付け見通しを「ポジティブ」から「安定的」に引き下げ(格付けは「Aa3」)
4/16 国際通貨基金(IMF)が2013年の世界成長率見通しを3.3%に下方修正(1月の前回見通しは3.5%)、日本は1.6%に上方修正(1月の前回見通しは1.2%)
4/19 主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が米ワシントンで開幕(麻生副総理・財務相と日銀の黒田東彦総裁が出席)
4/19 環太平洋経済連携協定(TPP)、日本の参加交渉を全11か国が承認
4/20 中国の四川省雅安市蘆山県でマグニチュード(M)7・0の地震発生
4/20 アジア太平洋経済協力会議(APEC)貿易相会合がインドネシアで開幕(貿易投資の自由化、社会基盤整備の促進など)
4/24 日経平均株価(225種)の終値が、約4年10か月ぶりに1万3800円台を回復(終値は1万3843円46銭)
4/25 日経平均株価(225種)の終値が、約4年10か月ぶりに1万3900円台を回復(終値は1万3926円08銭)
4/26 日銀が金融政策決定会合で物価見通しを上方修正(2013年度の平均物価上昇率は0.7%、2014年度は1.4%、2015年度は1.9%)
4/28 イタリア、レッタ政権が発足
  
景気判断
政府の景気判断
(月例経済報告)
4/12
景気は、一部に弱さが残るものの、このところ持ち直しの動きがみられる。
据え置き
日銀の景気判断
(金融経済月報)
4/5
わが国の景気は、下げ止まっており、持ち直しに向かう動きもみられている。
上方修正
  
金融市場調節方針
4/26 マネタリーベースが、年間約60〜70兆円に相当するペースで増加するよう金融市場調節を行う。
基準貸付利率(旧公定歩合)を0.3%に据え置き
補完当座預金制度の適用利率を0.1%に据え置き
4/4 「量的・質的金融緩和」を導入
金融市場調節の操作目標をこれまでの無担保コールレート(オーバーナイト物)からマネタリーベースに変更することを決定(マネタリーベース、長期国債、ETFの保有額を2年間で2倍に拡大し、2%のインフレ目標を達成して、デフレ脱却を目指す)
  
  
表中の数値は月末時点のものです。
クリックすると、推移グラフと数値表が見られます(新しいウィンドウが開きます)。
 
日経平均株価(225種)
3月末 1万2397円91銭    
4月末 1万3860円86銭 1462円95銭高 11.80%上昇
  
東証株価指数(TOPIX)
3月末 1034.71    
4月末 1165.13 130.42ポイント高 12.60%上昇
  
NYダウ
3月末 14,578.54ドル    
4月末 14,839.80ドル 261.26ドル高 1.79%上昇
  
円相場(1ドル=円) 東京市場
3月末 94円03−05銭  
4月末 97円82−83銭 3円79銭円安・ドル高
  
円相場(1ドル=円) NY市場
3月末 94円20−30銭  
4月末 97円38−48銭 3円18銭円安・ドル高
  
円相場(1ユーロ=円) 東京市場
3月末 120円46−50銭  
4月末 127円94−98銭 7円48銭円安・ユーロ高
      
    
  
スポンサーリンク
       
市場レポートに戻る
 
スポンサーリンク