スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
  2012年11月
  
金融大学のマンスリー市場レポートです。2012年11月の主な出来事や景気判断を掲載しています。日経平均株価、TOPIX、NYダウ、円相場(東京、NY)の推移グラフと数値表へのリンクもあります。
 
金融大学市場レポート > 2012年11月のレポート
 
    
  
主な出来事
11/4 主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議がメキシコ市で開幕(米国に「財政の崖」を回避するよう要請)
11/7 米大統領選でバラク・オバマ米大統領が再選
11/13 石原慎太郎前東京都知事を党首とする新党「太陽の党」を結成
11/14 野田佳彦首相が国会での党首討論で、衆院を16日に解散すると表明
11/17 日本維新の会(代表:橋下徹大阪市長)と太陽の党(共同代表:石原慎太郎前東京都知事)が合流すると発表
11/19 米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスがフランスの長期国債格付けを最上級の「Aaa」から1段階引き下げ、「Aa1」にしたと発表(格付け見通しは「ネガティブ(弱含み)」)
11/19 東日本大震災の影響で経営破綻した企業が1000件を突破(東京商工リサーチのまとめ)
11/20 東京証券取引所と大阪証券取引所は、それぞれの臨時株主総会で承認を得て、2013年1月1日に合併し、持ち株会社「日本取引所グループ」を発足すると決定
11/21 民主党の鳩山由紀夫元首相が政界引退を表明
11/27 格付け会社フィッチ・レーティングスがアルゼンチンの外貨建て長期格付けを「B」から「CC」に3段階引き下げたと発表
11/28 長期金利が4ヶ月ぶりの低水準(長期金利の指標となる新発10年物国債利回りが一時0.720%まで低下)
11/29 国連総会で、パレスチナの地位を「機構」から「国家」に格上げする決議案を採択
11/30 政府が包括的な経済対策「日本再生加速プログラム」を閣議決定
  
景気判断
政府の景気判断
(月例経済報告)
11/16
景気は、世界景気の減速等を背景として、このところ弱い動きとなっている。
下方修正
日銀の景気判断
(金融経済月報)
11/21
わが国の景気は、弱含みとなっている。
下方修正
  
金融市場調節方針
11/20 無担保コールレート(オーバーナイト物)を0〜0.1%程度に据え置き
(ゼロ金利政策を継続)
基準貸付利率(旧公定歩合)を0.3%に据え置き
補完当座預金制度の適用利率を0.1%に据え置き
  
  
表中の数値は月末時点のものです。
クリックすると、推移グラフと数値表が見られます(新しいウィンドウが開きます)。
 
日経平均株価(225種)
10月末 8928円29銭    
11月末 9446円01銭 517円72銭高 5.80%上昇
  
東証株価指数(TOPIX)
10月末 742.33    
11月末 781.46 39.13ポイント高 5.27%上昇
  
NYダウ
10月末 13,096.46ドル    
11月末 13,025.58ドル 70.88ドル安 0.54%下落
  
円相場(1ドル=円) 東京市場
10月末 79円72−73銭  
11月末 82円62−64銭 2円90銭円安・ドル高
  
円相場(1ドル=円) NY市場
10月末 79円71−81銭  
11月末 82円43−53銭 2円72銭円安・ドル高
  
円相場(1ユーロ=円) 東京市場
10月末 103円41−45銭  
11月末 107円56−60銭 4円15銭円安・ユーロ高
      
    
  
スポンサーリンク
       
市場レポートに戻る
 
スポンサーリンク