スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
金融大学金融大学講座 > 特別講座 『原油価格』
       
  
特別講座
講師:有馬秀次
  
原油価格
       
  
原油ってなあに?
     
原油」とは、油田(地下に石油が埋蔵されている地域)から採掘された、未処理の状態の石油のことです。
   
原油を精製すると、重油、軽油、灯油、ガソリン、ナフサ、潤滑油、アスファルトなどを作り出すことができます。これらを総称して「石油」といいます。
   
      
原油(石油)の単位
     
原油(石油)の単位には、「バレル」を使っています。バレルの語源は「樽」です。
     
昔、アメリカのペンシルバニア油田では、樽に原油(石油)を詰めて運んでいました。1つの樽で運べた分量が42ガロン(約159リットル)であったことから、
      
1バレル=42米国液量ガロン=158.987 294 928リットル
   
という単位が今日でも使われています。
   
※「バレル」の定義は、国や用途によって異なります。
※米国液量ガロン (U.S. fluid gallon:ユーエス・フルイド・ ガロン)
      
日本でも採れるの?
     
日本にも油田はあります。新潟県、秋田県、北海道の油田から、原油が採掘されています。
   
しかし、その採掘量は少なく、日本の原油自給率はわずか0.3%で、残りの99.7%は海外から輸入しています(2013年度)。
   
原油の輸入先(2013年度)
1  サウジアラビア 30.7%
2  アラブ首長国連邦 22.7%
3  カタール 13.0%
4  クウェート 7.2%
5  ロシア 7.2%
                       参考:資源エネルギー庁「エネルギー白書」
                      (http://www.enecho.meti.go.jp/about/whitepaper/)
      
石油は大切な資源
     
日本で一番多く使われているエネルギー資源は「石油」です。
     
石油の用途
動力として使う 自動車、飛行機、船舶など
エネルギーとして使う 工業用燃料、都市ガス、電気など
原料として使う プラスチック、合成繊維、合成ゴム、合成洗剤、塗料、医薬品など
     
上表を見ると、私たちがいかに石油を利用しているかがわかります。
もしも石油がなくなったら、私たちの暮らしは成り立たなくなってしまいます。
      
石油がなくなる…?
     
石油は、大切な天然資源です。しかし、使い続ければ、いつかはなくなってしまいます。
     
確認されている回収可能な地下資源の量のことを「確認埋蔵量」、採掘できる年数を「可採年数」といいます。
   
可採年数は、確認埋蔵量をその年の石油生産量で除した値です。
     
確認埋蔵量の内訳(2013年末時点)
1 ベネズエラ 2,983億バレル 約18%
2 サウジアラビア 2,659億バレル 約16%
3 カナダ 1,743億バレル 約10%
4 イラン 1,570億バレル 約9%
5 イラク 1,500億バレル 約9%
6 クウェート 1,015億バレル 約6%
7 アラブ首長国連邦 978億バレル 約6%
世界 1兆6,879億バレル
(可採年数 53.3年)
                      参考:石油連盟「今日の石油産業2015」
                     (http://www.paj.gr.jp/statis/data/data/2015_data.pdf)
                      参考:資源エネルギー庁「エネルギー白書」
                     (http://www.enecho.meti.go.jp/about/whitepaper/)
     
石油資源がいつなくなってしまうのか…? という石油資源の枯渇問題ですが、新たな石油資源の発見や回収率の向上などから、2014年末の可採年数は増えています。
     
【確認埋蔵量の推移】 2013年末時点 2014年末時点
世界の確認埋蔵量 1兆6,879億バレル 1兆6,559億バレル
可採年数 53.3年 59年
     
また、「非在来型石油」(オイルサンド、オイルシェール、オリノコタール)などの資源開発も進んだことから、国際エネルギー機関(IEA)は、石油系資源の残存年数を200年以上と見込んでいます(世界エネルギー見通し:2013年発表)。
    
しかし、年数が増えたといっても、半永久的に採掘できるわけではありません。石油資源が枯渇してしまう前に、さらなる資源開発や技術革新が必要です。
     
     
     
原油価格ってなあに?
     
原油価格」とは、原油を取引するときの値段です。
   
原油(石油)は大切な資源ですが、投資対象としても注目されています。
世界で原油を扱う市場は、産地ごとに、大きく3つの市場に分かれています(原油は、産出される地域によって品質が異なります)。
   
アメリカ ヨーロッパ アジア
WTI原油 ブレント原油 ドバイ原油
NYMEX(ニューヨーク・マーカンタイル取引所) ICE(インターコンチネンタル取引所) TOCOM(東京商品取引所)
ニューヨーク ロンドン 東京
ガソリン・軽油など 灯油など 重油など
1バレル=31.70ドル 1バレル=30.80ドル 1バレル=27.25ドル
※2016年1月の平均価格
     
なかでも、WTI原油先物価格は、原油価格の指標としてだけではなく、世界経済の動きを捉える経済指標として、とても注目されています。
      
原油価格の下落
     
原油価格が下落しています。近年では、2014年6月の平均価格1バレル=105.24ドルをピークに下がり続け、2016年1月には平均価格が1バレル=31.70ドルになりました。
     
原油価格は、どうして下落しているのでしょうか。
   
中国経済の減速から世界経済が低迷し、需要が伸び悩んでいるため。
   
米国の利上げにより、投資対象としての「原油」の魅力が薄れたため。
   
米国の「シェール革命」によって、世界のエネルギー情勢が一変したため。
   
米国で、技術的に困難とされていたシェール層の開発が進み、シェールオイルやシェールガスが抽出できるようになりました。
   
これにより、世界のエネルギー情勢は一変し、米国は世界最大の石油・天然ガス生産国となりました。これを「シェール革命」といいます。
   
米国の「シェールガス」に対抗するため、最大の産油国であるサウジアラビアが生産量の調整(減産)に反対したため。
   
【参考記事】
     
「ロシアのノバク・エネルギー相は28日、サウジアラビアが原油価格の下落に歯止めをかけるために、産油国各国が生産量をそれぞれ最大5%削減することを提案したことを明らかにした。……ノバク・エネルギー相の発言を受け、北海ブレント先物は一時8%急伸した。」
(2016/1/29、ロイター)
      
                            出典:世界経済のネタ帳
                          (http://ecodb.net/pcp/imf_usd_poilwti.html)
     
原油安の影響は?
     
原油価格が下がると、燃料費(飛行機、船、車)や、石油製品(プラスチック、合成繊維、合成ゴム、合成洗剤、塗料、医薬品など)の生産コストが安くなります。
   
生産コストが安くなると、企業の利益が増えます。すると、企業は価格競争(他社よりも価格を下げて販売数を増やし、より利益を増やす)を行うため、商品の価格(物価)が下がることが考えられます。
     
原油価格が下がると、日本の経済にはプラスに働きます。
しかし、原油価格が急落しすぎると、市場メカニズムがうまく機能しなくなり、日本の経済にはマイナスに働く可能性があります。
     
商品価格が下がりすぎると、企業の売上(取引額)は減りやすくなります。
なぜなら、商品価格の下落率に対して、需要(数量)の増加率が小さいからです。
   
例えば、商品価格が100円のとき、ある企業の需要が1000個だったとします。
商品価格が30円に急落しても、需要は急には増えません。仮に30%増しの1300個に需要が増えたとしても、売上高(取引額)は大きく減ってしまいます。
100円 1000個 100,000円
30円 1300個 39,000円
     
各企業の売上高が下がると、一国の利益も減ります。一国の利益(付加価値)の総合計であるGDP(最終生産物の総取引額)も減ってしまいます。
   
    
このように、価格の急落は、GDPを大きく押し下げてしまいます。
    
したがって、 原油価格が下がる → 価格が下がる → GDPが減る と予測されます。
      
    
  
スポンサーリンク
       
  
金融大学講座に戻る
  
スポンサーリンク