スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
    
金融大学金融大学講座 > 超カンタン!経済学・金融論入門ナビ
    
  
ワンポイント講座
超カンタン! 経済学・金融論入門ナビ
講師:有馬秀次
  

■お金持ちになるには?

どうしたら、富を増やせるのか?

答えは、価格の動きを見通すことにあります。


          

 

 

■3つの価格に注目!

金融商品の価格には、株価金利為替レートがあります。

株価

株式の価格

金利

債券の価格

為替レート

外貨の価格

これらの価格の動きがわかると、富を増やすことができます。

金融商品を安い時に買って、高いときに売ればよいのです。
   

 

  
■価格は予測できるの?

残念ながら、価格を確実に予測することは、誰にもできません。

そこで、分析によって、価格を予測しようとしています。

  
■分析にはどんな方法があるの?

チャートを使って、簡単に価格を予測する方法があります。

チャート分析のことをテクニカル分析といいます。

分析には、市場の取引データが必要になります。

                  

  
もう一つは、経済と金融の仕組みや理論を勉強して、経済の基礎的要因から予測する方法です。

これをファンダメンタル分析といいます。

すなわち、

富を増やしたい → 価格を予測したい → 経済学と金融論を学ぶ必要がある!

となるのです。

では、経済学と金融論ってどんな学問なのでしょうか?

経済学と金融論とは、について研究する学問です。

          

            富を捉える2つの視点があります。

価格取引量です。

  
■経済学って、どんな勉強をするの?

経済学では、「財やサービスの流れ」を捉えます。

                       

経済学は、経済のしくみを研究する学問で、マクロ経済学とミクロ経済学にわけられます。

マクロ経済学のテーマは、一国の「取引量」であるGDPです。

どうしたらみんなが満足できるGDPを創りだせるか? 「幸せのGDP」について研究します。

詳しく知りたい方は、「ひとりで学ぶ超図解マクロ経済学」へ

一方、ミクロ経済学のテーマは、個々の取引に決まる価格です。

お互いが満足したときに決まる、「価格」について研究します。

価格は、富の価値をあらわします。

経済学では、需要と供給が均衡するところに価格が決まると考えます。

 

 

■金融論って、どんな勉強をするの?

金融論では、「お金の流れ」を捉えます。

           

  
金融論は、金融のしくみを研究する学問で、マクロで捉える金融論とミクロで捉える金融論にわけら
れます。

マクロで捉える金融論では、社会全体の通貨量であるマネーストックを研究しています。

                    

  
一方、ミクロで捉える金融論では、金融商品の価格である 株価金利為替レートが決まる仕組
みを考えます。

                                    

リスクの価格付け理論であるオプション理論を研究したり、最適な投資について考えるポートフォリオ選択論を研究しています。

ポートフォリオとは、金融商品の最適な組み合わせのことです。

    

  経済 金融
全体の取引量

マクロ経済学

社会全体の財やサービスの流れ

GDP(所得理論)

広義の金融

社会全体のお金の流れ

マネーストック

個々の価格

ミクロ経済学

財やサービスの価格(価格理論)

狭義の金融

金融商品の価格

株価金利為替レート

ポートフォリオ選択論

オプション理論

課題 稀少性 満足度 選択 リスク リターン 信用

      

■経済学と金融論の課題はなに?

経済学では、稀少性の観点から資源配分問題を考えます。誰が何をどれだけ生産するのかという選択の問題から、満足度を高める方法を模索します。

金融論では、金融取引をリスクリターンで考えます。

金融取引では、信用が大切であることを学びます。

                                     

   

   
【参考文献】
諸国民の富 アダム・スミス著
(大内兵衛、松川七郎訳)
岩波文庫
純粋経済学要論 レオン・ワルラス著
(手塚寿郎訳)
(手塚寿郎訳) 青空文庫
雇用・利子および貨幣の一般理論 ジョン・メイナード・.ケインズ著
(塩野谷祐訳)
(塩野谷祐訳) 東洋経済
      
    
  
スポンサーリンク
       
  
金融大学講座に戻る
  
スポンサーリンク