スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
金融大学金融大学講座 > 金融ニュースがわかる!?債券市場の動き
    
  
ワンポイント講座
金融ニュースがわかる!? 債券市場の動き
講師:有馬秀次

まず、下記の問題を解いてみよう!

【 問題 】

債券市場は、堅調で価格は上昇した。そのとき、金利は(    )した。

            (1)上昇

            (2)低下

       

【 答え 】  (2)低下

どうして、価格が上がると、金利は下がるのでしょうか?

■価格はどうやって決まるの?

価格は、市場の需給の大きさで決まります。

需要が供給より大きくなると、品不足状態になるため、競争がおこって価格は上昇します。

逆に、需要が供給より小さくなると、品余り状態になるため、価格は低下します。

■債券の需要って何?

債券の需要とは、債券を買うということです。

債券を買うとは、お金を貸すことを意味します。これは、資金の供給に相当します。 

つまり、債券市場の需要が増えるとは、資金市場の供給が増えることを意味します。

したがって、債券価格が上がるときには、資金市場の価格である金利は下がることがわかります。

【 金融ニュースの一例 】

債券市場では、米国景気の堅調さを意識した売りが先行している。

これは、世界的な金利上昇が意識されていることを反映している。

債券は、続落で軟調である。新発10年物国際利回りは、前週末比0.02%高い1.175%まで上昇した。

価格と金利の動く方向は逆向きだよ!

債券市場

   

資金市場

債券の需要が増える

価格が上がる

資金の供給が増える

価格が下がる(金利が下がる

債券の需要が減る

価格が下がる

資金の供給が減る

価格が上がる(金利が上がる

(資料出所:「ひとりで学ぶ 超図解 金融論入門」 有馬秀次著)

      
    
  
スポンサーリンク
       
  
金融大学講座に戻る
  
スポンサーリンク