スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
  
       
   
金融大学金融用語辞典 > ギルドって何?
    
   
ギルドって何?
            
    
      
「ギルド」って何?
     
ギルド」とは、11世紀ごろに西欧の諸都市で結成された職業別組合のことです。
ギルドの種類は、11世紀ごろに成立した「商人ギルド」と、12世紀ごろに成立した「同職ギルド」に大別できます。
      
「商人ギルド」とは?
     
商人ギルド」は、11世紀ごろに成立した職業別組合です。
   
商人ギルドは、政治的発言力を持ち、多くの特権を独占し、ヨーロッパ中に勢力を拡大しました。
    
商人ギルドには、商人のほか、手工業の職人も含まれていましたが、その実権は裕福な商人が握っていました。
     
12世紀ごろ、商人の特権独占に不満をもつ手工業の職人が「同職ギルド(手工業ギルド)」を成立させました。
同職ギルドは市政参加を求めて、商人ギルドと激しく対立しました。これを「ツンフト闘争」といいます。
     
やがて同職ギルドが市政参加を実現させていくと、14世紀ごろには商人ギルドは衰退し、消滅していきました。
      
「同職ギルド」とは?
     
同職ギルドは、相互の利益のために団結した集団で、「手工業ギルド」ともいいます。
また、ドイツにおける同職ギルドのことを「ツンフト」と呼んでいます。
   
同職ギルドは、都市内部の職業を独占した上で、同業者間の競争が起こらないように、労働時間、賃金、生産手段、価格、修行制度などを詳細に決めて、厳しく規制していました。
     
職業ごとに、親方、職人、徒弟という身分制度が設けられていました。
辛く厳しい修行を経て親方になれた者だけがギルドに加盟できる、という仕組みでした。
     
しかし、親方になるための資格や条件が厳しくなると、職人たちは組合を組織して対抗しました。この組織を「職人ギルド(ヨーマン・ギルド)」といいます。
     
同職ギルドは、13~14世紀には各都市の実権を握りました。
しかし、ギルドを結成しない小都市で自由競争が進んだこと、絶対王政の崩壊とともにギルド内の権力も揺らいだこと、近代産業が発展したことなどから、16世紀以降は衰退していきました。
     
18~19世紀ごろには、産業革命による近代化の進展とともに、同職ギルドは消滅しました(国によってその時期は異なります)。
    
      
まとめ
     
    
      
キーワード
     
ギルド
商人ギルド
同職ギルド
      
    
  
スポンサーリンク
       
   
   
スポンサーリンク