スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
  
       
   
金融大学金融用語辞典 > 工場制手工業
    
   
工場制手工業 【こうじょうせいしゅこうぎょう】
manufacture 【マニュファクチュア】
   
マニュファクチュア
       
      
「工場制手工業」とは?
     
資本家が労働者を一か所(工場)に集めて、分業による協業を採り入れ、手作業で生産を行うという生産様式のこと。「マニュファクチュア」ともいう。
   
工業の先進国であったイギリスでは、16世紀半ば頃から18世紀後半頃(産業革命前)に、繊維工業や金属工業などが著しい発展を遂げました。この時期を「本来のマニュファクチュア時代」という。
   
工場に集まって生産することで、資本家は、原材料や道具、出来上がった商品などを一括管理することができ、労働者は、作業工程を分業(協業)できるため、生産効率は問屋制家内工業より高まる。
     
    
      
関連ページ
     
工業の歩み(産業革命以前の生産様式)
   
    
      
キーワード
     
家内制手工業
問屋制手工業
工場制機械工業
      
    
  
スポンサーリンク
       
   
   
スポンサーリンク