スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
一般教養雑学集 国語講座
  
第8回 明治・大正時代の文学
    
  
明治・大正時代の文学(作者や特徴など)をまとめた一覧表を掲載しています。参考にしてください。
  
金融大学一般教養雑学集 > 国語第8回
  
  
    
芥川龍之介
(あくたがわりゅうのすけ)
新現実主義の作家。1915年「羅生門(らしょうもん)」、「鼻」、「芋粥(いもがゆ)」、「蜘蛛の糸」、「戯作三昧(げさくざんまい)」、「河童(かっぱ)」、「歯車」、「トロッコ」、「杜子春(とししゅん)」、「地獄変(じごくへん)」。
有島武郎
(ありしまたけお)
1918年「生まれ出づる悩み」、「或る女」、「惜しみなく愛は奪う」。
石川啄木
(いしかわたくぼく)
1910年「一握(いちあく)の砂」、「悲しき玩具」。
泉鏡花
(いずみきょうか)
「高野聖(こうやひじり)」、「歌行燈(うたあんどん)」、「婦系図(おんなけいず)」。
伊藤左千夫
(いとうさちお)
「野菊の墓」。
岩野泡鳴
(いわのほうめい)
「耽溺(たんでき)」。
上田敏
(うえだびん)
1905年「海潮音(かいちょうおん)」(訳詩集)。
尾崎紅葉
(おざきこうよう)
「金色夜叉(こんじきやしゃ)」、「多情多恨(たじょうたこん)」。
梶井基次郎
(かじいもとじろう)
1925年「檸檬(れもん)」。
仮名垣魯文
(かながきろぶん)
「安愚楽鍋(あぐらなべ)」(戯作文学)。
蒲原有明
(かんばらありあけ)
「春鳥集(しゅんちょうしゅう)」。
菊池寛
(きくちかん)
「忠直卿行状記(ただなおきょうぎょうじょうき)」、「父帰る」。
北原白秋
(きたはらはくしゅう)
1909年「邪宗門(じゃしゅうもん)」、「思ひ出」。
北村透谷
(きたむらとうこく)
「内部生命論」(評論)、「厭世詩家(えんせいしか)と女性」(評論)、「人生に相渉るとは何の謂ぞ(あいわたるとはなんのいいぞ)」(評論)、「楚囚之詩(そしゅうのし)」(詩)、「蓬莱曲(ほうらいきょく)」(詩)。
国木田独歩
(くにきだどっぽ)
「武蔵野」。
幸田露伴
(こうだろはん)
「五重塔」。
斉藤茂吉
(さいとうもきち)
1913年「赤光(しゃっこう)」、「あらたま」。
佐藤春夫
(さとうはるお)
「田園の憂鬱(ゆううつ)」。
志賀直哉
(しがなおや)
1917年「城(き)の崎にて」、1921〜1937年「暗夜行路(あんやこうろ)」、「和解」、「大津順吉(おおつじゅんきち)」。
島崎藤村
(しまざきとうそん)
自然主義文学の代表的作家。1897年「若菜集(まだあげそめし前髪の 林檎のもとに見えしとき…)」、1906年「破壊」、「家」、「夜明け前」、「春」、「新生」。
薄田泣菫
(すすきだきゅうきん)
「白羊宮(はくようきゅう)」。
高村光太郎
(たかむらこうたろう)
1914年「道程(どうてい)」、「智恵子抄」。
谷崎潤一郎
(たにざきじゅんいちろう)
反自然主義作家。「細雪(ささめゆき)」「刺青(しせい)」、「鍵」、「痴人(ちじん)の愛」、「春琴抄(しゅんきんしょう)」。
田山花袋
(たやまかたい)
自然主義作家。1907年「蒲団(ふとん)」、「田舎教師」。
坪内逍遥
(つぼうちしょうよう)
1885年「小説神髄(しんずい)」(評論)。
徳田秋声
(とくだしゅうせい)
「新所帯(あらじょたい)」、「黴(かび)」。
徳富蘆花
(とくとみろか)
「不如帰(ほととぎす)」。
戸山正一
(とやままさかず)
1882年「新体詩抄」。
永井荷風
(ながいかふう)
「あめりか物語」、「ふらんす物語」、「東綺譚(ぼくとうきたん)」、「冷笑」、「腕くらべ」、「すみだ川」。
長塚節
(ながつかたかし)
「土」。
夏目漱石
(なつめそうせき)
1905年「我輩は猫である」、「坊ちゃん」、「草枕」、「三四郎」、「それから」、「こころ」、「明暗」、「道草」、「門」、「彼岸過迄(ひがんすぎまで)」、「行人(こうじん)」。
萩原朔太郎
(はぎわらさくたろう)
1917年「月に吠える」、「青猫」。
樋口一葉
(ひぐちいちよう)
1895年「たけくらべ」、「にごりえ」。
福沢諭吉
(ふくざわゆきち)
1872年「学問ノスゝメ」。
二葉亭四迷
(ふたばていしめい)
1887年「浮雲(うきぐも)」。
堀口大学
(ほりぐちだいがく)
1925年「月下(げっか)の一群」。
正岡子規
(まさおかしき)
「歌よみに与ふる書」(評論)、「病牀六尺(びょうしょうろくしゃく)」(随筆)、「ホトトギス」(俳句雑誌)。
正宗白鳥
(まさむねはくちょう)
「何処へ(いづこへ)」。
宮沢賢治
(みやざわけんじ)
「春と修羅(しゅら)」、「銀河鉄道の夜」、「セロ弾きのゴーシュ」。
武者小路実篤
(むしゃのこうじさねあつ)
「友情」、「お目出たき人」、「その妹」(戯曲)。
室生犀星
(むろうさいせい)
1918年「抒情(じょじょう)小曲集」、「性に目覚める頃」、「幼年時代」、「愛の詩集」。
森鴎外
(もりおうがい)
1889年「於母影(おもかげ)」(訳詩集)、1890年「舞姫」、「即興(そっきょう)詩人」(訳)、「青年」、「雁(がん)」、「山椒太夫」、「高瀬舟」、「舞姫」、「阿部一族」、「妄想」、「しがらみ草紙」(文芸雑誌)。
与謝野晶子
(よさのあきこ)
1901年「みだれ髪」。
  
  
漢字のテストに挑戦してみましょう。
70点以上とれたら合格です。がんばりましょう!
 テスト







テストのやり方
 開始…「テスト開始ボタン」を押すと始まります。
 終了…「採点ボタン」を押すと採点結果が表示されます。
 ※Internet Explorer対応です。
   他のブラウザでは動作しない可能性があります。
      
  テスト問題はこちらです。
 国語講座第8回テスト(1)
 国語講座第8回テスト(2)
    
      
    
  
スポンサーリンク
       
一般教養雑学集に戻る
  
スポンサーリンク