スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
一般教養雑学集 国語講座
  
第7回 江戸時代の文学
    
  
江戸時代の文学(作者や特徴など)をまとめた一覧表を掲載しています。参考にしてください。
  
金融大学一般教養雑学集 > 国語第7回
  
  
    
新井白石
(あらいはくせき)
1716年「折たく柴(おりたくしば)の記」(随筆)。
井原西鶴
(いはらさいかく)
江戸時代初期の浮世草子(うきよぞうし)作家。
1682年「好色一代男(こうしょくいちだいおとこ)」、1686年「好色五人女」、「好色一代女」、1688年「日本永代蔵(えいたいぐら)」、1692年「世間胸算用(むねさんよう)」。
上田秋成
(うえだあきなり)
江戸時代後期の読本(よみほん)作家。
1768年「雨月(うげつ)物語」、「春雨(はるさめ)物語」。
賀茂真淵
(かものまぶち)
国学の確立者。
1750年ごろ「万葉考」。
柄井川柳
(からいせんりゅう)
江戸時代中期。川柳の生みの親。
1765年「俳風柳多留(はいふうやなぎだる)」撰。
契沖
(けいちゅう)
万葉集研究を大成。
1690年「万葉代匠記(だいしょうき)」。
小林一茶
(こばやしいっさ)
江戸時代後期の俳人。1819年「おらが春」(やせがえる負けるな一茶ここにあり・すずめの子そこのけそこのけお馬が通る…などが有名な句)。
式亭三馬
(しきていさんば)
滑稽本(こっけいぼん)作家。
「浮世風呂(うきよぶろ)」、「浮世床(うきよどこ)」。
十返舎一九
(じっぺんしゃいっく)
滑稽本。
1802年「東海道中膝栗毛(ひざくりげ)」
滝沢馬琴
(たきざわばきん)
読本作家。1814〜1842年「南総里見八犬伝」、「椿説弓張月(ちんせつゆみはりづき)」。
近松門左衛門
(ちかまつもんざえもん)
江戸時代中期の浄瑠璃脚本作家。語りの竹本義太夫と、脚本の近松門左衛門が組んで、ちかまつ浄瑠璃を大成。
1703年「曾根崎心中(そねざきしんじゅう)」、1715年「国性翁合戦(こくせんやかっせん)」、「冥途の飛脚(めいどのひきゃく)」、「心中天の網島(しんじゅうてんのあみしま)」。
鶴屋南北
(つるやなんぼく)
「東海道四谷怪談」。
服部土芳
(はっとりとほう)
松尾芭蕉の弟子。
1703年「三冊子(さんぞうし)」(俳論)。
松尾芭蕉
(まつおばしょう)
江戸時代中期の俳人(旅に病んで夢は枯れ野をかけめぐる…は、芭蕉辞世の句)。
1685年「野ざらし紀行」(紀行文)、1688年「笈の小文(おいのこぶみ)」(紀行文)、1702年「奥の細道」(紀行文。月日は百代の過客にして行きかふ年もまた旅人なり…という冒頭は有名)、「更科(さらしな)紀行」(紀行文)。
松平定信
(まつだいらさだのぶ)
1803年「花月草紙(かげつぞうし)」。
向井去来
(むかいきょらい)
松尾芭蕉の弟子。
1775年「去来抄(しょう)」(俳論)。
本居宣長
(もとおりのりなが)
賀茂真淵の門下。
1794〜1812年「玉勝間(たまかつま)」、1796年「源氏物語玉の小櫛(たまのおぐし)」、1798年「古事記伝」。
与謝蕪村
(よさぶそん)
江戸時代中期の俳人(菜の花や月は東に日は西に…は有名な句)。「新花摘(しんはなつみ)」(句集)。
横井也有
(よこいやゆう)
江戸時代後期。
「鶉衣(うずらごろも)」(俳文集)。
柳亭種彦
(りゅうていたねひこ)
「偐紫田舎源氏(にせむらさきいなかげんじ)」。
  
  
文学のテストに挑戦してみましょう。
70点以上とれたら合格です。がんばりましょう!
 テスト







テストのやり方
 開始…「テスト開始ボタン」を押すと始まります。
 終了…「採点ボタン」を押すと採点結果が表示されます。
 ※Internet Explorer対応です。
   他のブラウザでは動作しない可能性があります。
      
  テスト問題はこちらです。
 国語講座第7回テスト
    
      
    
  
スポンサーリンク
       
一般教養雑学集に戻る
  
スポンサーリンク